くらしの薬膳, くらしを愉しむ

-冷やすと逆に暑くなる?-夏こそお茶は温かく

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は夏越の祓(なごしのはらえ)。
2017年も、はや半年が過ぎました。

京都などでは今日は、「水無月」という和菓子をいただく風習があるそうですが、【和菓子の薬膳】については以前書いたので・・・

今回は和菓子にはつきものの【お茶】のおはなし。

お茶の元・・・茶葉は、漢方では『苦にして微甘、涼性』の生薬。
身体の中に籠もった熱毒を、排出する働きがあります。

そのため、頭をすっきりさせたい時や食後の胃もたれ、イライラとして落ち着かない時などに飲むのは、とても理に叶った用い方。

しかし古典には「冷え性や虚弱体質の人が常飲すると、胃腸を傷め、知らず知らずに元気を損なう」との注意事項もみられます。
また「冷たくして飲み続けると、水分代謝を損ない、むくみなどが生じやすくなる」とも。

因みに、この性質は珈琲も同様。

暑くなるこれからの季節、アイスティーやアイスコーヒーをがぶ飲みしたい気持ちもわかりますが・・・

西洋医学の観点からも

冷たいものの一気飲みは、胃や喉の内側を急激に冷やし収縮させ(吸収力が低下)、
身体は反射的に体温を上げようと、エネルギーを使って反対に熱をつくりはじめます。

つまり、お茶や珈琲などカフェイン飲料のこの飲み方は、逆に喉の渇きを強め、胃腸を弱め、夏バテを助長してしまうということ。

かの戦国武将、石田三成の「三献茶」の逸話でも、秀吉に差し出した一杯目の茶は”ぬるめのお茶”であって、冷やしたお茶ではないでしょう?

これからの季節、お茶や珈琲を冷房の効いた喫茶店で飲むなら、ぜひホットをゆっくりと。

その方が、逆に喉の渇きもおさまるはずですよ。

来るべき夏にむけて体調を調えたいとお思いなら、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する

広告
アンチエイジング, 足少陰経筋, 動きの東洋医学

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!-カラダが弾むとココロも弾む-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

梅雨。 この時期は、どうしても運動不足になりやすく、また精神的にも鬱々としやすいもの。

こんな時、なにかオススメの健康法はないかと考えたんですが・・・

【マサイのジャンプ】なんかどうでしょう?  こんなヤツです。

アフリカのマサイ族の皆さんが、よくやってるでしょう?

そもそもヒトの、「2本足で立つ」という基本姿勢はとても不安定。

その不安定さを補うため、『主要姿勢筋群』という背側のいくつかの筋肉が、常に微妙な姿勢制御を行っています。

このジャンプは、この『主要姿勢筋群』を連動して鍛えるには格好の運動。

姿勢を良くし、アンチエイジングの効果は抜群です。

また、これらの筋肉中、特にふくらはぎのヒラメ筋は、血液やリンパを心臓へと押し上げる「第二の心臓」として機能します。

つまり、梅雨時期のムクミや代謝不全にも効果大。

加えて、垂直方向から加わる負荷は、骨を刺激し骨代謝を促進します。

バレーボールやバスケをやる子供の身長が平均的に高いのは、成長期に適切な垂直負荷が骨に加わるからだともいわれています。

成人であっても、骨粗鬆症の予防としては大切です。

さらに、医学的な立証はないようですが・・・

太古の記憶か脳やその周辺組織への刺激になるのか、「ジャンプ」という運動は、気分を高揚させ、ストレスを抜く効果があるようです。

子供たちは、うれしい時って飛び跳ねるでしょ?

 

東洋医学でも、この『主要姿勢筋群』に近しい筋ラインというのはあるのですが・・・

面白いことにこのラインは、成長や骨、髄、脳などと密接につながる【腎】から栄養を受けると考えられています。

梅雨の季節こそ、心身共に軽やかにするために。

1日10回のマサイジャンプ、ぜひお試しを!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関する、プロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。