未分類

-冷やすと逆に暑くなる?-夏こそお茶は温かく

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は夏越の祓(なごしのはらえ)。
2017年も、はや半年が過ぎました。

京都などでは今日は、「水無月」という和菓子をいただく風習があるそうですが、【和菓子の薬膳】については以前書いたので・・・

今回は和菓子にはつきものの【お茶】のおはなし。

お茶の元・・・茶葉は、漢方では『苦にして微甘、涼性』の生薬。
身体の中に籠もった熱毒を、排出する働きがあります。

そのため、頭をすっきりさせたい時や食後の胃もたれ、イライラとして落ち着かない時などに飲むのは、とても理に叶った用い方。

しかし古典には「冷え性や虚弱体質の人が常飲すると、胃腸を傷め、知らず知らずに元気を損なう」との注意事項もみられます。
また「冷たくして飲み続けると、水分代謝を損ない、むくみなどが生じやすくなる」とも。

因みに、この性質は珈琲も同様。

暑くなるこれからの季節、アイスティーやアイスコーヒーをがぶ飲みしたい気持ちもわかりますが・・・

西洋医学の観点からも

冷たいものの一気飲みは、胃や喉の内側を急激に冷やし収縮させ(吸収力が低下)、
身体は反射的に体温を上げようと、エネルギーを使って反対に熱をつくりはじめます。

つまり、お茶や珈琲などカフェイン飲料のこの飲み方は、逆に喉の渇きを強め、胃腸を弱め、夏バテを助長してしまうということ。

かの戦国武将、石田三成の「三献茶」の逸話でも、秀吉に差し出した一杯目の茶は”ぬるめのお茶”であって、冷やしたお茶ではないでしょう?

これからの季節、お茶や珈琲を冷房の効いた喫茶店で飲むなら、ぜひホットをゆっくりと。

その方が、逆に喉の渇きもおさまるはずですよ。

来るべき夏にむけて体調を調えたいとお思いなら、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する