くらしの東洋医学, はり師の四コマ, めまい、気象病, 自律神経失調, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

春の『吸玉』ーカラダの芽吹きをたすけますー

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

昨日は冷たい雨でしたねぇ・・・ 今日は一転、桜の開花も進む春の陽気。

こういう気圧、気温、湿度の急変は、ヒトの自律神経に強い負荷をかけます。

増して春は、カラダの代謝もどんどん活発になっていく時期。

日々エネルギーを増していく内側と、寒さに備えて防御を固める外側のせめぎあいは、めまいやのぼせ、ムカつきや吐き気、湿疹や吹き出物、変にイライラしたり、反面ひどく眠かったり・・・と、時に体調の不良を引き起こします。

季節としてはこれから暑さへと傾いていく訳ですし、春の養生は天候を見定めながら、適度な発散が大事。

こんな時には『吸玉』がオススメ。

エネルギーの逃げ道をつくってあげることで体内の圧力を下げ、内外のバランスを調整してくれる優れものです。

『吸玉』といえば、昨年のリオ五輪での水泳の覇者、マイケル・フェルプス選手が体調管理の一環としてコレを取り入れていた事は記憶に新しいところ。

彼らのようなアスリートは、筋膜の調整や乳酸の代謝促進の意味で『吸玉』を用いますが・・・

運動不足で肌感覚が鈍くなりがちな一般の私たちは、春こそ『吸玉』を。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

広告
くらしの薬膳, はりにまつわる物語

春は【肝】がキモ?-春の養生の注意点-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ついに桜の開花がはじまりました!

「玄冬」から、緑華やぐ「青春」の季節の到来です。

東洋医学では、四季それぞれに注意すべき(活動が高まる)臓腑があるのですが・・・

春は【肝】の季節。

東洋医学において【肝】は、「将軍之官、謀慮出るなり。罷極之本にして、魂の居所なり」とされています。

分かりやすく云うと、

【肝(将軍)】は、気や血(兵士)を身体(国)の隅々に采配する働きがあり、また【肝】は、ヒトの感性(魂)の拠り所なので、ストレスに対する強さは【肝】の良し悪しに左右される」という事。

同じストレス下にあっても平気な人と体調を崩す人の差は、【肝】に在りという訳です。

さて、この【肝】が活発になる春。

カラダは臨戦態勢を整え、いろんな事への意欲が湧きやすくはなるのですが・・・如何せん感情で突っ走りがちになります。

【肝】が暴走しやすいヒトは、怒りっぽくなったり、イライラしたり。

【肝】が弱いヒトは、いつもに増して疲れやすくなったり、めまいがしたり。

暴走気味の方は、まずは大きく深呼吸を。

【肝】の暴走を抑えるのは【肺】なので、大きくしっかり腹式呼吸をすることで、【肝】の手綱を締めてあげましょう。

適度な有酸素運動もオススメです。

虚弱気味の方には・・・そうですねぇ、レバニラ炒めはオススメです。

薬膳には『似類補類』という考え方があり、肝が弱いヒトは肝を食べると良いとされています。

ニラも肝を滋養する野菜の代表ですし、栄養学的にも貧血には必須の鉄分やビタミンB12、眼や肌に良いビタミンAなどを効率的に摂れる優れた料理です。

後は、睡眠をしっかりと。

「【肝】は夜に血を蔵す(休める)」とされるので、いつもよりも少し早めに寝ましょうね。

体質にあったケアで、新しい春を元気にスタートしましょう!

春に鍼灸で【肝】の経絡の流れを整えることも、とても効果的です。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

くらしのツボ, くらしの東洋医学, くらしを愉しむ

ご提案。【彼岸のへそ灸】いかがでしょうか?

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、明日は「彼岸の入り」。
ココから7日間が、『お彼岸』です。

昼夜の長さがほぼ等しくなり、太陽が真西に沈むこの時期。
仏教では西方浄土(彼岸)へ想いを馳せ、ご先祖を供養する時期とされています。

また「暑さ寒さも彼岸まで」なんて言葉があるように、気温が急変しはじめるのもこの季節。

以前ご紹介した【二日灸】も、この時期をうまく乗り切るための先人の智慧ですが・・・
やはりお彼岸本番にも、何かセルフケアの方法を考えたいもの。

そこでご提案。
【彼岸のへそ灸】などはいかがでしょう?

昼(陽)と夜(陰)が等しくなる日ならば、ヒトの身体の陰(下半身)陽(上半身)の境目・・・つまり『へそ』に、エネルギーを注いであげるのは良策かと。

『臍』はそもそも【神闕(しんけつ)】というツボでもあり、「先天之結帯(生まれる前の命綱)、後天之気舎(生まれた後の気の拠り所)」とも云われる滋養の名穴。

解剖学的にも胃腸への熱を送るには最も適したポイントですし、最近では「腸は第2の脳」なんていわれるほど、胃腸のコンディションが精神や免疫系に影響を及ぼすことが医学的にも明らかになってきています。

当院の【へそ灸】は、竹筒に塩を詰め、その上からモグサを燃やす『竹塩灸』。
コレをやると・・・ほぼ100%の方が爆睡します^^)。

季節の変わり目、そして環境の変わり目でもあるお彼岸。

新生活に向けての活力を養う意味でも、【彼岸のへそ灸】、オススメです!

当院は月曜祝日の場合、前週の土曜を休診とし、月曜日は通常通り診療いたします。
来週月曜、春分の日も診療しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, なぜ あなたが今 はり治療をうけるべきなのか?

花粉症に効く『天』のツボ-名前には意味がある-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

ついに花粉症の季節到来。

今年は昨年の4倍とも聞きますし、お持ちの方は戦々恐々なのでは?

さて、そんな方のために今回は、花粉症に効くツボを一挙ご紹介。

といっても、ツボの正確な位置をすべて列挙するにはスペースが足りませんので・・・

基本、「首と二の腕をよくマッサージしてあげましょう!」

ツボには皆それぞれ名前がついているのですが、頭(とそれに付随する目・鼻・耳など)に効くツボには『天』という字が入っていることが多いんです。

全身のツボ362個から『天』と名のつくツボを抜き出してみると・・・

首と二の腕(と脇)に集中しているのが分かるはず。

面白いことに、西洋医学的にもこのエリアは、免疫系の通路であるリンパ系に合致します。

つまり、『天』のツボの周辺をキレイに流してあげれば、免疫機能を高めてあげることができるということ。

リンパ系は最終的に心臓に近い静脈につながるので、マッサージとしては心臓に向けて、流すようなほぐし方を。

また、リンパは筋肉の伸び縮みによってしごかれるように流れますから・・・

日々の、肩や腕の運動も大切です。

これから数か月、花粉と戦う皆さん。

薬やマスクで防御をしっかりと。

そして、胃腸も含めて身体の流れが滞らないように、運動も忘れずに^^)

リンパ系はデリケートな場所でもありますから、プロの施術にまかせていただくのも一つです。
ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!