くらしのツボ, バランス向上, 腰背部痛, 陰蹻脈, 剣道, 動きの東洋医学

あなたはキレイにしゃがめますか?-蹲踞のキキメ-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

皆さん、【蹲踞(そんきょ)】というのはご存じですか? この姿勢です(顔が怖くてスイマセン(;^_^A)。%e8%b9%b2%e8%b8%9e

私は昨年から、子供の頃やってた剣道に再挑戦しているんですが(剣道界ではこういうのをリバ剣というそうです)・・・

今の子供たちの稽古を観ていて、この蹲踞でうまくバランスのとれない子が多いような。

生活が洋式化し、深くしゃがむ必要もなくなってきたせいでしょうが・・・

この蹲踞、実は実生活でも大切です。

以前の記事でも書きましたが、上手く”しゃがめない”ヒトは、中腰で重い物を持ち上げようとする傾向があります。

コレは腰にとっては非常に危険。

ここは一つ、バランス感覚を養う意味でも、皆さんもキレイに【蹲踞(そんきょ)】を決めてみましょう。

ポイントは重心のイメージ。

ヒトの身体には骨盤(下丹田)・胸郭(中丹田)・頭(上丹田)という3つの重心があります。

この3つに加えてもう一つ。

足首・・・特に内くるぶしが大事。

この4つが縦に垂直に積みあがっている時、ヒトの姿勢はとても美しくなります。%e8%b9%b2%e8%b8%9e%e3%81%a8%e9%87%8d%e5%bf%83

そしてこの積み上げのイメージができたら・・・そこから「膝を抜く」だけ。%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%bf%e6%96%b9

ストンを腰が落ちて、足首の上に3つの重心が積みあがるはずです。

今回、強調した”内くるぶし”。

此処には【照海(しょうかい)】というツボがありますが、東洋医学的にこのツボは、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】の重要ポイント。ツボ 照海

『蹻』という字は、高下駄芸や跳躍芸など「高度なバランス感覚」を意味します。

足首と体幹の重心がキレイに連動する動きは、どのスポーツにとっても・・・また生活でのケガのリスクを減らす意味でも、とても重要です。

武道をやる子もそうでない方も。 日々の生活に蹲踞、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

さて。

エラそうな事書きましたが、私、剣道は実に20数年ぶりというほぼ素人(;^_^A

毎稽古ごと、先生方にご指導いただくばかりです。

それでもなかなか治らない(;^_^A(;^_^A

職業柄、せっかく知識はあることですし、先生方の教えを解剖や運動力学に置き換えて、日々試行錯誤しております。

その辺りの悪戦苦闘ぶりも、今後このブログに挙げていこうかとは思っていますが・・・ あくまで私(20数年ぶりほぼ素人!大事なので2回言います!!)の試行錯誤なので、決して指導者の言などと思われませんように。

こうご期待^^)!

クービック予約システムから予約する

広告
はり師の四コマ, 鍼灸はなぜ効くのか?, 伍行庵 治療の特色

「はり師と整体師ってなにが違うの?」・・・という痛い質問(-_-;)

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

2月は試験のシーズン。

受験生の皆さんは、くれぐれも体調管理にお気をつけて!

さて、学校に限らず、医師を筆頭とする医療系の国家試験も2月に集中しています。

我々がもつ【はり師・きゅう師免許】も、その中の一つ。

このマンガのように、昨今は”リラクゼーションマッサージ”や“整体院”が乱立し、患者さんが「何処にいくべきか迷う」なんていうお話もよく聞きますが・・・

 

国家資格は、その職業に必要とされる知識や技能を身に着けていると、国が認めるもの。

特に鍼師は、「医師以外にヒトの身体に鍼を打てる唯一の職業」です。

我々は皆、卒後も、そのための勉強や、技術の向上には余念がありません。

どうかお身体のメンテナンスは、ぜひ国家資格者のいるトコロで!

 

しかし・・・

この4コマ描いていて思ったんですが、彫師さんとかは法律的にどうなんだろう?とか、た〇すクリニックさんとかのCMはOKなのか?とか・・・

色々ギモンも湧いてきましたが、まぁそれはともかく。

 

国家資格である鍼灸治療は医療費控除の対象になります。

昨年、当院で施術を受けれられた皆さま。
確定申告に際して、まとめた領収書が必要であれば、お気軽にご連絡ください。

一年分の明細と領収書をご用意いたします。

 

くらしのツボ, くらしを愉しむ, 精神疾患, 腰背部痛

-カラダのオニは鼻から抜ける?-「鬼は外」の・・・ツボ?


こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は節分。 皆さん、今夜は豆まきですか?

節分を東洋医学とからめて語ると・・・まぁ色々ありますが、シンプルなトコロではやはり「豆」と「鬼」でしょうね。季節の変わり目に

【豆のお話】は昨年やったので、今年は「鬼」に因んで、【鬼宮(きぐう)】という異名を持つツボをご紹介。

ツボの位置は・・・顔の正中、唇と鼻の真ん中。

ココは【人中(じんちゅう)】という名で一般のヒトも知っている方が多いツボ(我々プロは水溝(すいこう)】と呼ぶことが多いです)。%e3%83%84%e3%83%9c%e3%80%80%e6%b0%b4%e6%ba%9d
まぁ、コレ知っている方はほぼ武道経験者かと思いますが。

このツボは人体急所の一つとして知られていますが、実は治療でもよく使うポイントの一つ。

にうつ病や不安障害、てんかんやチックなど・・・脳に関わる病気には常用の一穴です。

患者さんのご感想では、「鼻から脳天にツーンッと抜けて、スーッとする」そうですよ。

またこのツボは、頭部のバランスを調整する効果もあるようで、猫背や腰痛にも、使ってみると時にコチラがビックリするくらい効くこともあります。%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e9%a0%ad%e7%97%9b

これから確定申告の季節。

領収書をそろえたり、数字とにらめっこしたり、PCにかじりついたり・・・

普段以上に、頭がこんがらがりやすい時期です。

一休みしてアタマをスッキリさせたいと思ったら、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください!

 

クービック予約システムから予約する