未分類

-細く長くだけじゃあない-年越しそば縁起

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、いよいよ歳末。

行く年くる年に欠かせない食べ物と云えば、日本ではやはり『おそば』でしょう。%e3%81%96%e3%82%8b%e3%81%9d%e3%81%b0

年越しそばは、江戸中期ごろに定着した習慣で、一般的には「蕎麦のように細く長く、家業や健康が続くように」との願掛けがあるとされますが・・・これにも諸説あるようで。

【金細工師縁起】

金細工師は、散らかった金粉を集めるのに練ったそば粉を使ったそうです。 金粉のくっついたそばダネを水に入れると、そばは溶け、金だけが水に沈むので重宝したのだとか。 ここから「金を集める」という縁起で蕎麦を食べる、という説。

【切れやすいから】

蕎麦は切れやすいので「旧年の悪縁をスッパリ切る」という意味で。

【薬効由来】

薬膳的に蕎麦には、「気分を穏やかにし、腸を和らげ、胃腸の痞(つか)えを治す」効があると云われます。 身体の悪いモノをすっかり出して、気分おだやかに良い新年を迎えようという訳。

【丈夫だから】

蕎麦は植物として丈夫で、少々の風雨でも翌日天気になれば、すぐ起き上がります。 そこから「七転び八起きを誓って」という説。

その他にも、昔お寺で、年を越せない人達にボランティアでおそばを振る舞ったのが始まりとか、お金持ちの家が、大晦日に蕎麦を食べるのを家訓にしていたので、それにならって・・・とか、まぁ色々。

いずれにせよ、「より良い新年を願って」という想いは同じです。

今年の大晦日は、年越し蕎麦を食べながら、誓い新たにしていきましょう!

来年はきっと良い年です(o^-‘)b!!

本年のブログはここまでですが・・・

当院は30日までは診療中です。 新年は5日より診療を開始いたします。

本年も格別のご贔屓に預かり、まことにありがとうございました!

クービック予約システムから予約する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中