くらしの薬膳, くらしを愉しむ

-細く長くだけじゃあない-年越しそば縁起

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、いよいよ歳末。

行く年くる年に欠かせない食べ物と云えば、日本ではやはり『おそば』でしょう。%e3%81%96%e3%82%8b%e3%81%9d%e3%81%b0

年越しそばは、江戸中期ごろに定着した習慣で、一般的には「蕎麦のように細く長く、家業や健康が続くように」との願掛けがあるとされますが・・・これにも諸説あるようで。

【金細工師縁起】

金細工師は、散らかった金粉を集めるのに練ったそば粉を使ったそうです。 金粉のくっついたそばダネを水に入れると、そばは溶け、金だけが水に沈むので重宝したのだとか。 ここから「金を集める」という縁起で蕎麦を食べる、という説。

【切れやすいから】

蕎麦は切れやすいので「旧年の悪縁をスッパリ切る」という意味で。

【薬効由来】

薬膳的に蕎麦には、「気分を穏やかにし、腸を和らげ、胃腸の痞(つか)えを治す」効があると云われます。 身体の悪いモノをすっかり出して、気分おだやかに良い新年を迎えようという訳。

【丈夫だから】

蕎麦は植物として丈夫で、少々の風雨でも翌日天気になれば、すぐ起き上がります。 そこから「七転び八起きを誓って」という説。

その他にも、昔お寺で、年を越せない人達にボランティアでおそばを振る舞ったのが始まりとか、お金持ちの家が、大晦日に蕎麦を食べるのを家訓にしていたので、それにならって・・・とか、まぁ色々。

いずれにせよ、「より良い新年を願って」という想いは同じです。

今年の大晦日は、年越し蕎麦を食べながら、誓い新たにしていきましょう!

来年はきっと良い年です(o^-‘)b!!

本年のブログはここまでですが・・・

当院は30日までは診療中です。 新年は5日より診療を開始いたします。

本年も格別のご贔屓に預かり、まことにありがとうございました!

クービック予約システムから予約する

広告
くらしのツボ, くらしの薬膳, くらしを愉しむ

忘年会の東洋医学-お酒に対するツボと薬膳-

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、12月も中盤、金曜日。
「今夜は忘年会!」という方も多いのでは?

お酒を飲む機会が増えるこの時期なので、今日はお酒に吞まれないためのツボを一つご紹介。

【期門(きもん)】ツボ 期門

ツボの取り方は、乳首から肋骨2本分下。

このツボ、特に右側は解剖学的にも肝臓の真上。
肝機能を高めるツボと知られ、およそ肝臓の関わる症状(代謝・分解・解毒など)全般に効果を発揮します。

昔のお侍は、酒宴の席で酒が回ってくると、右手を懐に隠してこのツボを圧しながら酒を呑み続けたとか。%e9%85%92%e5%91%91%e3%81%bf%e4%be%8d

酒に弱いは武士の恥、さりとてつぶれるのはもっと恥・・・と、まぁ今も昔も勤め人は大変です。

 

ツボ以外の東洋医学的お酒対策としては・・・

お酒は、薬膳的には「大熱にして有毒。気血水の流れを良くし、冷を取り暑を散じ、邪毒を殺し薬の勢いを増す。しかし大飲すれば気血水の流れを乱し、その害数えきれず」という諸刃の剣(参考文献:『本朝食鑑』)。%e9%85%92%e3%80%80%e7%99%bd%e9%85%92

加えて「酒気」は熱性が強い分、素早く気化し、その際に人体の熱を奪います。
お酒を飲むと、一時カーッと熱くなって、そのあと身体が寒くなるでしょう?

日ごとに冷えが増すこの時期。

忘年会の日は、いつにも増して温かい恰好で。
有名な【ウコン(漢方では姜黄といいます)】も、身体を温める作用があるので、二日酔い対策としては是非活用を。

味噌や生姜も身体を温める食材ですから、お酒の〆に、お味噌汁に生姜を入れて・・・というのもオススメです。

忘年会、楽しく年を越すためにも、あまり羽目は外さぬように!

当院は、年内30日まで診療いたします。
疲れを来年に持ち越さぬよう、ぜひ年内に身体のメンテナンスを。

 

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事でご紹介した【期門】の、プロ向けの詳細記事もございます。

パスワードをかけていますので、Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

動きの東洋医学

頭痛と顎の力学的関係

笑うと・・・身体が軽くなる?

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、当院には頭痛で来院される患者さんが多いのですが、皆さんを診ていて気になるポイントが一つ。

それは・・・「顎」%e9%a1%8e%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%87

あきらかに下顎にズレが診られる方、動きに大きな左右差がある方、施術中、ずーっと噛みしめていたり、居眠りに入ると歯ぎしりをはじめる方など。

実は頭痛と顎の緊張には、密接な関係があります。

以前のブログでも書きましたが、ヒトの頭の重さは、体重の約10%。
加えて重心が前にあるため、後頭部(うなじ)の筋肉は頭を支える形で常時働いています。

この構造に、噛む力(通常40~60kg)が加わると・・・%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e9%a0%ad%e7%97%9b
支点と力点の関係から、作用点である後頭部にかかる負荷が極端に増します。

食事の時だけなら兎も角、この「噛み絞め」が癖になってしまっているとしたら、後頭部の筋肉が悲鳴をあげるのも無理はありません。

また、噛むための筋肉は側頭部についているので、左右どちらかに偏った噛み癖などがあると、顎につながる頚や肩の筋肉が緊張し、連鎖的に背筋を引っ張って骨盤が傾き・・・%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e6%ad%aa%e3%81%bf

全身に歪みが派生していきます。

実際、こういうS字状の歪みをもっているヒトは多くは顎にも問題がある事が多いです。

昨今はストレスや運動不足のせいか、顎の力が抜けないヒトをよく見かけます。

「PCに向かって、気が付くと歯を食いしばってた」なんてことありませんか?

顎の緩みは、頭の重さを軽くし全身の緊張をほぐす重要なポイント。

忙しい師走ですが、ほっぺに力をいれず・・・笑ってみましょう!

その方が身体も軽くなりますよ。

「なかなか力が抜けない」という方には、筋肉の緊張をゆるめる鍼が有効です。
ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

 

クービック予約システムから予約する