未分類

はりきゅう院や漢方薬局では、なぜ「両手の脈」を測るのか?

%e8%84%88%e8%a8%ba

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年の10月は、まさに季節の変わり目でしたねぇ(-_-;)

上旬はまだ冷房を考えなきゃいけなかったのに・・・今はもう暖房つけるべきか悩む気温。

こんな時分は、自覚がなくても身体は結構つかれています。

そんな”身体の声”を聴くのに便利なのが、今回四コマでご紹介した【脈診】。

ご自身でも、毎日決まった時間に脈を診る習慣をつけるのも、健康管理にはとても良いかと。

「腰が痛い」「頭が痛い」など、症状に対してただただ腰や頭に鍼を打つというだけでは、その場しのぎにしかなりません。

その奥にある、患者さん自身も自覚できない”不和”を探るために、我々は脈を診、舌を診、お話を聞き質問して・・・多くの情報を集め、総合的に判断し、病気を見立ててツボ(や薬)を選びます。

コレが東洋医学の「医学」たる所以。

最近は病院も、「5分診療、お医者さんは患者さんに触れもしない」なんて話を聞くことがあります。

CTやMRIなどの発達で、その必要がないと言われればそれまでですが・・・

我々はそうはいきません。

先ずはじっくりお話をお聞きします。

時にあまり関係ないような、生理や食事や睡眠などの事をお聞きすることもあります。

頭が痛いのに足に鍼をうつことも、腰が痛いのに手や頭にツボをとることもあります。

すべてに意味がありますから、ご不明な点は、逆になんでもご質問くださいね!

もう来週は11月・・・2016年もあと二月。

年末の体調管理にぜひ、当院をご活用ください。

 

広告