督脈

齦交(ぎんこう)

 

GV29)齦交(yin2jiao1)(ぎんこう)

【取穴】

顔面部、上歯茎、上唇小帯の接合部。

【名の由来】

「齦=歯茎」。本穴が歯茎にあり、督脈-任脈-足陽明経の交会穴である事から。

【交会】

・経絡(3):督脈-任脈-足陽明経

【作用】

〔瀉〕清熱利湿

【弁証主治】

◆督脈病/足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど


◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】

眼疾患・鼻疾患・歯肉炎・歯槽膿漏・※面疔

【配穴】

+承漿…口臭〔瀉法〕

+風府…項頚部のこわばり〔瀉法〕

 

※面疔…初期は粟粒様で上に白膿頭があり、堅・根深・釘様。激痛があり、急激に拡がり黄色くなる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中