《アーユルヴェーダ・マルマ》, ストレス/不安障害、パニック障害, 督脈, 禁灸穴, 脳、神経症状, 頚神経後枝

強間(きょうかん)

GV18強間(qiang3jian1)(きょうかん)・大羽

【取穴】

頭部、後正中線上、後髪際の上方四寸。

・筋肉:帽状腱膜

・知覚神経:大後頭神経(C2後枝)

・血管:後頭動脈

※GV17)脳戸の上方一寸五分の陥凹部にある。

※個人的には本穴は「Lambda(Λ縫合と矢状縫合の交点・小泉門部)」に取穴すべきと考える。

【名の由来】

「強=強固な骨…頭蓋骨」。本穴が頭蓋Λ縫合間にある事から。

【作用】

〔瀉〕醒脳開竅・舒筋活絡

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

【私見】

・アーユルヴェーダでは5つの頭蓋縫合線自体を「simanta(毛髪の分け目/関節のマルマ)」と捉えている。パニック症候群など過剰な感情の起伏に効があるとされる。

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中