督脈, 神経変性疾患, 禁灸穴, 禁鍼穴, 足少陰経筋

脳戸(のうこ)

 

GV17)脳戸(nao3hu4)(のうこ)・玉枕関・匝風・会額・合顱

【取穴】頭部、外後頭隆起上方の陥凹部。

※後正中線の垂線と外後頭隆起上縁の水平線の交点にある陥凹部。BL9)玉枕と同じ高さにある。

【名の由来】「戸=扉」。本穴から脳気で出入りする事から。

【要穴】『後三関』

※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。左右の「玉枕」と併せて考えられる。

【交会】

・経絡(2):督脈-足太陽経 ※甲乙経に「此別脳之会」とある。

・経筋:足少陰経筋の結す処(枕骨)?

・経別:第一合(項)(足太陽の出る処・足少陰の出る処)

【作用】〔瀉〕清熱散風

【弁証主治】

◆督脈病/足少陰経筋病

※脳風・脳性マヒ、半身不随・てんかん発作・錐体外路系障害・躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・メニエル病・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・下肢~足底の冷え、ひきつれなど

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆膀胱/腎病

成長発育不全、代謝不全・脱毛・耳鳴、難聴・歯槽膿漏・自律神経失調、更年期障害・顔色が黒い・泌尿器、婦人科疾患〔金鍼〕・下痢〔灸100壮〕・脈沈遅など

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会には「禁鍼灸穴」とある。何故か?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中