《経外奇穴》, 督脈, 筋の過緊張、こわばり, , 胸神経後枝

筋縮(きんしゅく)

GV8)筋縮(jin1suo1)(きんしゅく)・筋束・九椎

【取穴】

上背部、後正中線上、第9胸椎棘突起下方の陥凹部。

・筋肉:棘上靭帯 Supraspinous ligament ・棘間靭帯 Interspinous ligament

・知覚神経:脊髄神経後枝(T8/9) Posterior ramus of Spinal nerve

※脊髄神経後枝は椎間孔の外で脊髄神経からおこり、内側および外側枝に分かれる。

内側枝は関節枝に分かれ、その高さの椎間関節とその出口の1つ下の高さの関節に分布する。

つまりそれぞれの椎間関節は2つの脊髄神経後枝(本穴はT8/9)が関係する。

・血管:肋間動脈背枝 Dorsal branch of Posterior Intercostal artery

※マッケンジー胆石疝痛圧診点(胆石疝痛の診断点)に近い。

※Th9~12は、腸の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】

本穴の左右に肝兪が在り、この一連が筋肉の過収縮に対して効がある事から。

【作用】

〔瀉〕鎮驚熄風・通利筋骨

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆肝病

貧血、血液疾患 〔灸3壮〕・筋疾患 〔灸〕・眼疾患・吐き気・脇肋の不快感・臍左の強い拍動など

【主症主治】

肋膜炎・胃痛・悪寒戦慄を伴う高熱

【配穴】

+天突…小児の咬い締め・失語症・小児マヒ〔瀉法〕

+水道…背部のこわばり

【私見】

・本穴の左右に肝兪がある。肝の病にも有効と考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

“筋縮(きんしゅく)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中