《経外奇穴》, 痔、肛門疾患, 督脈, 腎兪(腰痛・泌尿器、婦人科疾患), 致残十八穴, 治熱五十九兪

腰兪(ようゆ) ※下腰(げよう) ※上仙(じょうせん)

 

GV2)(yao1shu4)(ようゆ)・髄空・背解・腰戸・腰柱・髄兪・髄府・髄孔

【取穴】

仙骨部、後正中線上、仙骨裂孔。

※仙骨裂孔は、臀裂の直上の小陥凹部にある。

【名の由来】

「兪=輸」。本穴に腰部の気機を転輸し、疼痛を改善させる効がある事から。

※「髄空」という別名は、腰兪のほか、風府、陽輔にもある。

【作用】

〔補〕『水兪五十七処“腎兪”/補腎強腰・利水消腫』

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清熱四肢・調明耳目』

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・膝、四肢の冷えなど

◆腎病

成長発育不全、代謝不全・腰痛・泌尿器、婦人科疾患〔瀉〕・下痢・脈沈遅など

【主症主治】

痔・肛門痛・尾骶骨痛

【弁証配穴】

+公孫…足太陰絡脈実証〔繆刺法…反対側を取穴〕

【主症配穴】

+中脘…発熱疾患〔瀉法〕

+肺兪…腰痛

+風府…足が痺れてうまく動かない

【症例/個人的見解】

・【水兪五十七処】の“腎兪”に数えられる。津液代謝の異常に関しては効果が高い。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により骨盤腔内臓器の痙攣、激痛を招く。

 

―――――――――――――――――

※下腰(xia4yao1)(かよう/げよう)・三宗骨

※経外奇穴。-備急千金要方-

【取穴】

仙骨部、後正中線上、第2正中仙骨稜の下方の陥凹部。

【名の由来】

本穴が、腰椎の下、仙骨部にある事から。

【主治】

腰仙部痛・下痢・慢性潰瘍性結腸炎・難産

【症例】

腰仙部痛には、吸玉も著効。

 

―――――――――――――――――

※上仙(shang4xian1)(じょうせん)・十七椎(shi2qi1zhui1)(じゅうななつい) ・腰孔

※経外奇穴-千金翼方-類経図譜-

【取穴】

腰部、後正中線上、第5腰椎棘突起下方の陥凹部。

【名の由来】

本穴が仙椎の上、大椎より数えて十七椎下にある事から。

【主治】

外傷性対マヒ・ 腰仙部痛・坐骨神経痛・不正出血・生理痛・異常胎位・尿漏れ

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中