,

東洋医学的 幽霊考-幽霊にも理屈あり-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、お盆のまっただ中。

迎えの提灯が、いつもの町並みを少し不思議にみせるこの時期。

こんな夜は、すこし健康ネタはお休みして・・・幽霊の東洋医学的解釈なぞを。

東洋医学では、あらゆるものには陰陽ふたつの性質があると考えています。

天地・昼夜・日月・心身・男女・臓腑などなどなど。

昼がなければ夜もないように、「陰陽は常に一体で、片方を欠けばもう片方も存在しえない」というのが、基本の理論【陰陽学説】。

一体なら一つでよさそうなものですが、ふたつの性質が一体となることで、世界に「動き=生命」が生じるんですねぇ。

この陰陽の考えはヒトの魂の中・・・【魂魄(こんぱく)】にもあり、【魂(陽)】と【魄(陰)】が一体であることが、”生きている”ということ。

死ぬとこの【魂/魄】は分離して、死骸には【魄】が残り、腐り溶けて地に還り、【魂】は天に昇って霧散して、ともに天地自然に消えていく・・・というのが、元々の東洋の死生観です。物語 櫻の樹の下には

ところが。

霧散するはずの雲のような【魂】も、怨みやつらみや未練執着が強すぎると固まって・・・

夜な夜な枕元に立ったりするようになってしまいます。

これが「幽霊」。%e5%b9%bd%e9%9c%8a

もしかしたら・・・

霧散できない魂は、昔よりも現代の方が多いかもしれません。

ネットという「体(魄)を伴わない」世界は、魂が居着くには相性がよさそうですし。

さてさて、少し涼しくなりましたか??

やはり、心は体と一体で、はじめて健やかでいられるもの。

お盆明け、心身のバランスを整える東洋医学を、ぜひお試しください。

 

クービック予約システムから予約する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中