バランス向上, 精神疾患, 足厥陰経筋, 任脈

玉堂(ぎょくどう)

CV18玉堂(yu4tang2)(ぎょくどう)・玉英

【取穴】

前胸部、前正中線上、第三肋間と同じ高さ。

・知覚神経:肋間神経前皮枝

・血管:内胸動脈の枝

※小野寺胸骨点(気管支リンパ節の診断点)に近い。

【名の由来】

「玉=尊貴なモノ」。ここでは心を表す。本穴内部に心が納められている事から。

【要穴】

『根結:足厥陰之結』

【作用】

〔瀉〕寛胸理気・止咳平喘

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆足厥陰経筋病

インポテンツあるいは勃起の異常継続・下腿内側~内股の痛み、ひきつれ・内踝痛・足母指痛など

【主症主治】

胸が張る・胸脇部痛

【主症配穴】

百会⇒膻中⇒玉堂…注意欠陥多動性障害、統合失調症など(熱い精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。百会⇒膻中⇒玉堂の順に施灸していく。順番が大切らしい〕

+幽門…胸焼け・嘔吐

+太渓…咳逆・胸焼け〔玉堂は瀉〕

【症例検証/個人的見解】

・足陰経における根結では、【結】は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足衝ン)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中