ストレス/不安障害、パニック障害, 致命三十六穴, 募穴「瀉実」, , 意識障害, 任脈

巨闕(こけつ)

 

CV14)(ju4que1)(こけつ)・心募

【取穴】

上腹部、前正中線上、臍中央の上方六寸。

【名の由来】

「巨=大きな」「闕=宮中」。本穴が心募穴であり、君主之官たる心の脈気が此所に集まる事から。

【要穴】

『心募穴』

【作用】

〔補〕安神寧心

〔瀉〕寛胸止痛

【弁証主治】

◆心病

睡眠障害・健忘・被害妄想・妄言・狭心症 〔灸7壮〕・掌の火照り・臍上の強い拍動・脈浮洪・11:00~13:00あるいは23:00~01:00の異常など

◆胆病

貧血、血液疾患・几帳面な性格、イライラして怒りやすい・偏頭痛など

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり、※奔豚・痔・糖尿病など

【主症主治】

※尸厥・※蠱毒・回虫症

【弁証配穴】

『兪募配穴(心):巨闕+心兪』…心病

『原募配穴(心):神門+巨闕』…心病

『原募配穴(手少陰経):巨闕+神門』…手少陰経病

【主症配穴】

+神門…躁鬱

+陽陵泉…全身の筋肉のこわばり〔瀉法〕

+膻中…心窩部痛

【症例/個人的見解】

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。横隔膜の損傷。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。パニック障害に似る。

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

※蠱毒…古代の毒薬の一種。またはそれに当たって起こる急性重篤症状。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中