精神疾患, ED、男性生殖器疾患, 致命三十六穴, 足太陰経筋, 任脈

曲骨(きょくこつ)

ツボ 曲骨CV2)曲骨(qu3gu3)(きょくこつ)・屈骨・屈骨端・尿胞・回骨

【取穴】下腹部、前正中線上、恥骨結合上縁。

【名の由来】本穴が恥骨上際にあり、会陰より曲がって、身体前面に上行する部位である事から。

【交会】

・経絡(2):任脈-足厥陰経

・経筋:足太陰経筋の結する処?

【作用】〔瀉〕通利小便・調経止痛

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆足厥陰経病

腰痛・性欲の異常・更年期障害など

◆足太陰経筋病

脇腹、下腹部~臍、陰部への引きつれと鋭い痛み・股関節痛・陰部痛・下腿内側痛・内踝痛・足母指痛・背深部の痛みなど

【配穴】

+陰廉…女陰の掻痒〔瀉法〕

+気衝…子宮脱垂〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。恥骨骨折、骨盤腔内臓器の損傷。

・EDに対する新穴として、陰茎根部の上下左右計4穴を『陽萎穴Ⅴ号』とする。

・チベット医学では性欲の過剰亢進や異常性癖など(性の精神異常)に本穴を用いるらしい。灸法。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中