, 致命三十六穴, 陰維脈, 足厥陰肝経, 免疫力、抵抗力向上, 募穴「瀉実」, 慢性疲労、虚弱体質

期門(きもん)

 

LR14)期門(qi1men2)(きもん)・肝募

【取穴】

前胸部、第6肋間、前正中線の外方四寸。

※乳頭中央の下方、ST19)不容の外方二寸。女性では鎖骨中線と第6肋間の交点にある。

※小野寺胆嚢圧診点に近い。

【名の由来】

「期=最期」。本穴が、中府より始まる十二経脈の流れの終点である事から。

【要穴】

『肝募穴』

【交会】

・経絡(3):足厥陰経-足太陰経-陰維脈

【作用】

〔瀉〕清肝利胆・清熱血室・通経散滞・疏肝調脾

【弁証主治】

◆肝病

※厥証・眼疾患・貧血、血液疾患・乳腺炎・腋下のしこり、つかえ、不快感・臍左の強い拍動・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆足厥陰経病

腰痛・性欲の異常・泌尿器、婦人科疾患・冷えのぼせ、更年期障害など

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛、心窩部痛・激しい動悸、胸苦しさ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・躁鬱、不安障害・※奔豚・梅核気・しゃっくりなど

◆足太陰経病

胃腸虚弱、萎縮性胃炎・空腹だが食欲不振・鼠径ヘルニア・未消化便など

【主症主治】

発熱から七日経過しても汗が出ない・咳嗽・起坐呼吸・帯状疱疹など

【弁証配穴】

『兪募配穴(肝):期門+肝兪』…肝病

『原募配穴(足厥陰経):太衝+期門』…足厥陰経病

【主症配穴】

+温溜…項頚部のこわばり

+天泉…視神経萎縮〔瀉法〕

+大敦…腋窩のしこり〔瀉法〕

+缺盆…胸脇痛〔瀉法〕

+関元…女性の奔豚〔期門は瀉〕

+日月…上腹部の激痛・胆管結石〔右の期門を取穴〕

【症例/個人的見解】

・古典には風邪の長期化による消耗性症状に本穴が多く出てくる。経絡理論的には、本穴から再び肺経へと続くためと考えられるし、肝機能の賦活によって代謝機能を高めるためともとれる。

・風邪後期の状態に用いるには灸法が良い。

・-美容と健康の鍼灸(張仁編著・浅野周訳/三和書籍)-によれば、「本穴への施灸はリンパ球の増大をみる」とある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。肝臓、胃の損傷。

 

※厥証・暈厥…発作性のめまい、昏倒。しばらくすると覚醒する。脳虚血性発作に近いか?

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

“期門(きもん)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中