股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 脳、神経症状, 膝痛, 足首、足、踵痛, 足少陽胆経, 八会穴, 中風七穴

懸鐘(けんしょう)/絶骨(ぜつこつ)

 

GB39)懸鐘(xuan2zhong1)(けんしょう)/絶骨(jue2gu3)(ぜっこつ)・髄会・維会

【取穴】

下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方三寸。

・筋肉:短腓骨筋

・運動神経:浅腓骨神経

・知覚神経:外側腓腹皮神経、浅腓骨神経

・血管:前脛骨動脈

【名の由来】

懸鐘:「懸鐘=釣鐘」。本穴の位置で筋肉に覆われていた腓骨が現れる様を釣鐘に喩えて。「鐘=種(精)」の意味もあり、本穴が髄会である事からとも。

※余談ではあるが、古代日本の銅鐸(鐘)も、一説には蛇の蛋を模したとされる。蛇は不死再生の象徴であったことなどから、「鐘=精」を結び付ける発想は古代の共通意識にあったかもしれない。

絶骨:本穴の位置で腓骨が肉に覆われ、触れなくなる事から。

【要穴】

『八会穴:髄会』

【交会】

・経絡(3):足三陽之大絡

【作用】

〔補〕補髄壮骨

〔瀉〕通暢経気・疏肝解鬱・理気止痛

【弁証主治】

◆髄/腎(骨・筋・血)病〔寒証ならば補、熱証ならば瀉〕

下垂体機能障害・※尸厥・悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・黄疸・多汗・リンパ節腫・出血傾向、貧血、血液疾患・運動機能障害、チック・痴呆・躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・不眠・視力の低下・回転性めまい・耳鳴、難聴・顔色が黒い・喘息・萎縮性胃炎・腰痛・泌尿器、婦人科疾患疾患・下痢・痔・更年期障害・アレルギー疾患・自己免疫疾患・サルコペニア(加齢による筋力低下)・※脳疽など

◆足少陽経病

片頭痛・口苦・溜息・脇肋痛・皮膚の乾燥など

【主症主治】

『脚気八処之穴の八/脚気・股関節痛・下肢痛・足首痛』 

【弁証配穴】

『郄会配穴(髄):懸鐘+交信・跗陽・水泉』…髄病

【主症配穴】

『中風七穴:百会+風池(曲鬢)+肩井+大椎(風市)+足三里+懸鐘(間使)+曲池/半身不随』

『八会配穴(筋髄):陽陵泉+懸鐘/変形性腰椎症・腱鞘炎・捻挫』

+風池〔補〕…猫背〔懸鐘は瀉〕

+上星〔灸27壮〕…鼻血

+内庭…心窩部からお腹の張り〔瀉法〕

+風市…腰椎すべり症

【症例/個人的見解】

・足三陽経はそれぞれ血病・筋病・骨病に関係する。懸鐘は足三陽之大絡であることから、血・筋・骨の本である「髄」の治療に適している。故に髄海と呼ばれる。

・脚気には、先ずビタミンB1の摂取と吸収率の改善を。

 

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など

※脳疽・脳疽・脳後発・項中疽・対口(人面疽的な呼称)…後頭部、瘂門~大椎の間に生じる癰疽。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中