《アーユルヴェーダ・マルマ》, , 足少陽胆経, 募穴「瀉実」, 代謝障害

京門(けいもん)

 

GB25)京門(jing1men2)(けいもん)・気府・気兪・腎募

【取穴】

側腹部、第12肋骨端下縁。

※側臥し肩関節を挙上して定める。第12肋骨端は、後腋窩線の後方で肋骨弓下縁の下方で触れる。

※モーバン点(肝・胆疾患の圧診点)に近い。

【名の由来】

「京=都」。本穴が腎(水)募穴であり、水が集まり、また水道を調節する作用を持つ事から。

【要穴】

『腎募穴』

【作用】

〔補〕滋腎壮陽

〔瀉〕通利下焦

【弁証主治】

◆腎病

成長発育不全・代謝不全・泌尿器、婦人科疾患・腰痛・脈沈遅・17:00~19:00あるいは05:00~07:00の異常など

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛など

【主症主治】

腹腔内の血流不全

【弁証配穴】

『兪募配穴(腎):京門+腎兪』…腎病

『原募配穴(足少陰経):太渓+京門』…足少陰経病

【主症配穴】

+蠡溝…急性の下腹部の腫れ〔瀉法〕

+行間…腰の強い痛み〔瀉法〕

+照海…排尿障害・尿が黄色〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「parsva-samdhi(肋骨との境界/脈管のマルマ)」と呼ばれ、腹腔内の血流不全に治効があるとされる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中