《アーユルヴェーダ・マルマ》, 精神疾患, 耳疾患, 脳、神経症状, 脳力・認知機能向上, 足少陽胆経

浮白(ふはく)

 

GB10)浮白(fu2bai2)(ふはく)

【取穴】

頭部、乳様突起の後上方、GB9)天衝とGB12)完骨を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、GB9)天衝から1/3。

※耳尖の後方で、耳後髪際に入ること一寸。

※個人的には本穴は「Asterion(星状点=Λ縫合、頭頂乳突縫合、後頭乳突縫合の合点)」に取穴すべきと考える。

【名の由来】

「浮=表」「白=肺」。本穴が肺の表証に効果がある事から。

※個人的には「白=魄」、つまり不眠や身体感覚(空間認知など)の病態に効果があることからではないかと考える。

【交会】

・経絡(2):足少陽経-足太陽経

【作用】

〔瀉〕清熱散風・袪痰平喘

【弁証主治】

◆足少陽経病

偏頭痛 〔灸・巨刺〕・口苦・溜息・肩背部痛・脇肋痛・足首痛・皮膚の腫れ、乾燥など

◆足太陽経病

急性の悪寒発熱・発熱による疼痛など

【主症主治】

不眠・パニック症候群・めまい(浮遊感)、身体イメージ(拒食症)、空間認知機能の異常(四肢の痛み、可動不利)・耳鳴、難聴・感覚性失語

【配穴】

+完骨…虫歯・歯茎痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・個人的には頭部の穴は、頭蓋縫合に沿って配穴すべきと考える。

・本穴の部位は、経頭蓋ではあるが幽体離脱体験に関与するとされる脳の角回(側頭頭頂接合部)の位置と近い。そういう意味では本穴の穴名は『浮魄』と考えても良いかも。

・また、アーユルヴェーダでは5つの頭蓋縫合線自体を「simanta(毛髪の分け目/関節のマルマ)」と捉えている。パニック症候群など過剰な感情の起伏に効があるとされる。

・2017年4月27日、金沢大学の研究グループが、経頭蓋直流電流刺激を用いて,人の身体のイメージ操作能力を高めることが可能であることを確認したと発表した。本研究論文では、身体の視空間情報処理に関係する外側後頭側頭皮質(ちょうどAsterionの辺り)を刺激することにより,身体のイメージ操作能力が高まることが示され、身体のイメージ操作能力の向上が認知機能の改善に作用し、リハビリが必要な人の早期回復などへ応用の可能性を示唆している。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中