疼痛, 肩関節周囲炎、肩背部痛, 項頚部痛, 手陽明経筋, 手太陽経筋, 手少陽経筋, 手少陽三焦経

三陽絡(さんようらく)

 

TE8)三陽絡(san1yang2luo4)(さんようらく)・通間・通門・過門

【取穴】

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方四寸。

※TE4)陽池と肘頭を結ぶ線上で、陽池から1/3にある。

【名の由来】

本穴にて手三陽経が交会する事から。

※穴名からは手三陽経が交会する様に思われるが、古典に記述はない。

【作用】

〔瀉〕開竅聡耳・利咽鎮痙攣・通経止痛

【弁証主治】

◆手少陽経病

多汗・耳鳴、急性の強い難聴・歯痛・喉痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・胸脇痛など

※手三陽経筋病

視力低下・ろれつが回らない・項頚部痛・肩痛・肩胛骨痛・発熱による筋肉痛など

 

【配穴】

+委中…腰痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。なぜか?

・位置的に、橈尺骨の回内時の交点(骨間膜前、後部線維の交点)に近い。「三陽絡」という穴名からも、手の三陽経(筋)の要穴としては一考したい。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中