足少陰腎経

彧中(いくちゅう)

 

KI26)彧中(yu4zhong1)(いくちゅう)・域中

【取穴】

前胸部、第1肋間、前正中線の外方二寸。

※納点(肝・胆疾患の圧診点)に近い。

【名の由来】

「彧=模様が華やかで美しい」。本穴が胸郭の上部である事から、中国宮廷建築の天井装飾に喩えて。

【作用】

〔瀉〕寛胸理気・止咳化痰

【弁証主治】

◆足少陰経病

貧血、血液疾患・痴呆・毛細気管支炎、肺炎・老化症状、更年期障害 など

【主症主治】

嘔吐・逆流性食道炎・乳腺炎・大動脈炎・心膜炎・心臓神経症・肋間神経痛・肝炎

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中