郄穴「通経活血」, 腰背部痛, 陽維脈, 足首、足、踵痛, 足太陽膀胱経

金門(きんもん)

BL63)金門(jin1men2)(きんもん)・関梁

【取穴】足背、外果前縁の遠位、第5中足骨粗面の後方、立方骨下方の陥凹部。

【名の由来】「金門=戒律厳しい軍隊」。本穴に至って脈気はほぼ足少陰経に移り、ゆとりなく厳しい脈状となる事から。

【要穴】

『足太陽経郄穴』

『陽維之別属(起始)』

【交会】・経絡(2):足太陽経-陽維脈

【作用】〔瀉〕清熱散風

【弁証主治】

◆太陽経の痛症

発熱による疼痛・頭痛・下顎痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・肩、肩胛骨痛・上肢後内側痛・第5指痛・脇痛・腰背部痛・排尿痛・痔・部位がはっきりしない疼痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

寒熱症状・※尸厥・※霍乱・てんかん・躁鬱・胸苦しさなど

【弁証配穴】

『郄会配穴(骨):大杼+養老・金門・跗陽』…骨病

『郄会配穴(筋):陽陵泉+金門・陽交・跗陽』…筋病

【主症配穴】

+申脈…急性の頭痛〔眩暈や後頭部の強痛がある場合+手三里〕

+聴会…難聴

+丘墟…こむら返り

+承山…全身の痙攣

【症例/個人的見解】

・陽経の郄穴は手足同名経の痛みに対しても影響を及ぼすのではないだろうか?

・陽を病むと寒を生ず。

 

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

※霍乱…熱中症に類する。突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中