郄穴「通経活血」, 脳、神経症状, 陽蹻脈, 足首、足、踵痛, 足太陽膀胱経

跗陽(ふよう)

 

BL59)跗陽(fu1yang2)(ふよう)・附陽・付陽

【取穴】

下腿後外側、腓骨とアキレス腱の間、BL60)崑崙の上方三寸。

【名の由来】

「跗=寄り添う」。本経の陽気が飛揚から足少陰経に移り、本経自体の脈気が弱くなっていく事から。

【要穴】

『陽蹻脈郄穴』

【作用】

〔瀉〕舒筋利節

【弁証主治】

◆足太陽経病

悪寒発熱・発熱による疼痛など

◆陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

てんかん・統合失調症・睡眠障害・半身不随・内眼眦痛〔巨刺法〕・腰背部痛・下肢外側のこわばり、外反足・部位がはっきりしない疼痛など

【弁証配穴】

『郄会配穴(骨):大杼+養老・金門・跗陽』…骨病

『郄会配穴(髄):懸鐘+交信・跗陽・水泉』…髄病

『郄会配穴(筋):陽陵泉+金門・陽交・跗陽』…筋病

【主症配穴】

+公孫…鼻血・のぼせ

+中脘…手足のだるさ

【症例/個人的見解】

・陽が病むと寒を生ず。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中