肩関節周囲炎、肩背部痛, 腰背部痛, 足太陽膀胱経

膈関(かくかん)

 

BL46)膈関(ge2guan1)(かくかん)

【取穴】上背部、第7胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

※BL46)膈関、BL17)膈兪とGV9)至楊は、第7胸椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】本穴が膈兪の外にあり、横隔膜は胸部と腹部を隔てる関所のようである事から。

【作用】〔瀉〕寛胸理膈・和胃降逆

【弁証主治】

◆血病/心-肝病〔補瀉をよく考えて〕

貧血、血液疾患、萎縮性胃炎・※積聚、※痃癖〔灸100壮〕・循環器症状・睡眠障害、いつも眠い・掌の火照り・肝疾患・脈浮洪・夕方~夜間に症状が悪化など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】逆流性食道炎・ゲップ・しゃっくり・肩甲間部痛・背部痛 ・急性乳腺炎・母乳が出にくい・肋膜炎

【症例/個人的見解】

・個人的には、「関」の付く経穴は、筋骨格系の疼痛に有効なように感じる。本穴に関しては位置的問題から刺鍼したことはないが、猫背のヒトは往々にして(『至陽』を中心に)この周辺は非常に硬い。 

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張痛を伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

※痃癖…脇肋部にある癖塊。積聚に似る。痃:臍の両側が筋張り盛り上がっているもの。痛みは無い事もある。癖:両脇にあり、痛む時だけ触知できるもの。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中