ED、男性生殖器疾患, 腰背部痛, 膀胱, 足太陽膀胱経, 排尿障害, 排便異常, 仙骨神経後枝

次髎(じりょう)

BL32)(ci4liao2)(じりょう)・太陽中絡・巨陽中絡・会陰之脈

【取穴】

仙骨部、第2後仙骨孔。

※第2後仙骨孔は、上後腸骨棘下縁と正中仙骨陵の中央、陥凹部にある。

・筋肉:仙棘筋 Sacrospinalis M

・運動神経:脊髄(仙骨)神経後枝

・知覚神経:中殿皮神経 Middle clunial N(仙骨神経後枝)

・血管:外側仙骨動脈

【名の由来】

「髎=骨際にある陥凹、孔」。後仙骨孔を併せて「八髎」と称す。本穴は第二仙骨孔に相当する。

※八髎~会陽(~会陰)の行を「太陽(巨陽)中絡」・「会陰之脈」と呼ぶ。

【交会】

・経絡(2) :足太陽経-(督脈)

※素問・奇経八脈考には「督脈の合」とある

【作用】

〔補〕提肛約胞・虚損補益・健補腰腿

〔瀉〕行血散瘀・鬱熱消散・駆邪散滞・寒湿温散・通理下焦

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆膀胱病

顔色が黒い・泌尿器疾患(排尿障害便秘・痔、脱肛、血便など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛など

【主症主治】

腰痛、坐骨神経痛EDなど

【配穴】

+章門…腰痛〔瀉法〕

【私見】

・本穴は膀胱兪の内方にあるので、膀胱病にも適応かと思う。

・本穴の腹腔側(第2仙骨神経前枝)からは、骨盤内臓神経 Pelvic Splanchinic nerve(副交感神経 Parasympathetic)が起こる。骨盤内に分布する副交感神経線維は、膀胱と直腸を収縮し、それぞれ排便と排尿を起こし、勃起を生じる。(出典:臨床のための解剖学)

・上記のことから、本穴は便秘・排尿障害・EDなどには使用すべき穴と考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中