衝脈, 足太陽膀胱経, 八会穴, 治熱五十九兪

大杼(だいじょ)

BL11)(da4zhu4)(だいじょ)・骨会・背兪

【取穴】上背部、第1胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

【名の由来】「杼=機織に横糸を通す糸巻」。転じて椎骨横突起を古代「杼骨」と呼んでいた。本穴が第一胸椎横突起に位置する事から。

【要穴】

『督脈別絡』

『骨会』

【交会】・経絡(4):手足太陽経-足少陽経-衝脈

【作用】

〔補〕壮筋補虚・舒筋活絡・温補肌肉(補陽)

〔通〕『衝脈(血海・脛街)之兪/通利衝脈・通経緩脈』

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清熱胸中・疏風散邪・経気通暢』

〔灸〕温経散邪

【弁証主治】

◆太陽経病

風邪・黄疸・リンパ節腫・発熱による疼痛・難聴・下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩背部痛・上肢後内側の痛み、火照り・腰背部痛など

◆足少陽経病/骨病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

身体が縮んだように感じる〔補〕

自律神経失調、更年期障害・内眼眦痛・喉のつまり、喘息・腹中のひきつれ、痙攣・泌尿器、婦人科疾患・股関節痛・筋力低下・皮膚静脈炎など

【弁証配穴】『郄会配穴(骨)』大杼+外丘・水泉…骨病

【主症配穴】

+曲泉…急性のしびれ・マヒ・冷え

+束骨…頭痛〔瀉法:束骨は深刺〕

+長強…腸にガスが溜まって痛む

【症例/個人的見解】

・肩胛骨~上肢の痛みには上方に向け刺鍼、腰背痛では下方に向け刺鍼。

・督脈、衝脈の会でもあるので、感覚の異常(なんとなく不快な感じ、身体が膨張しているような、あるいは縮んでいるような)には選穴した方が良い。

・本穴を骨会とする根拠はなにか? 足少陽経の交会でもあるため骨病に効くということか、それとも第7頚椎に関連することか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中