アレルギー疾患, 脳、神経症状, 脳血管障害, 足太陽膀胱経, 鼻疾患, 治熱五十九兪

通天(つうてん)

 

BL7)通天(tong1tian1)(つうてん)・天臼・天白・天伯・天旧

【取穴】

頭部、前髪際の上方四寸、前正中線の外方一寸五分。

※BL6)承光とBL6)絡却の中点にある。

※個人的には本穴は、「頭頂孔(頭頂導出静脈の交通部)あるいは承光(冠状縫合上)と絡却(Λ縫合上)を結ぶ線上の中点」に取穴すべきと考えている。そうであれば、頭蓋内の血流改善の治療穴としてより説得力を有するのではないだろうか?

【名の由来】

本穴が鼻疾患を主治し、鼻を通し、天之気を呼吸させる効がある事から。

【作用】

〔瀉〕『頭上行五/清頭散風・通利上竅・清瀉熱逆』

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

【主症主治】

※尸厥・パーキンソン病・回旋性めまい・頭痛・鼻疾患・アレルギー疾患

【配穴】

+臨泣…鼻づまり〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

 

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・呼吸微弱、脈絶微弱など。

※頭頂導出静脈…上矢状静脈洞(頭蓋内)と浅側頭静脈(頭皮)を交通させる静脈系。100%存在する訳ではない。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中