《アーユルヴェーダ・マルマ》, アレルギー疾患, 皮膚疾患, 精神疾患, 手太陽小腸経

天宗(てんそう)

 

SI11)天宗(tian1zong1)(てんそう)

【取穴】

肩甲部、肩甲棘の中点と肩甲骨下角を結んだ線上、肩甲棘から1/3にある陥凹部。

※肩胛点(肩関節痛の診断点)に近い。

【名の由来】

「天=肺」「宗=一族」。本穴が肺の表に在る事から。

【交会】

経別:第四合(肩/手太陽の別れる処?)

【作用】

〔瀉〕粛降肺気・舒筋活絡

【弁証主治】

◆手太陽経病

下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩痛・上肢の痛み、火照り、知覚異常、筋力低下など

【主症主治】

肝障害〔右〕・心障害〔左〕・アレルギー疾患

【症例/個人的見解】

・第四合は、経別の中でも少々特殊で、

1,手少陰経別が明確に「手太陽に合す」という記述がない。 

2,手太陽経別は体表に出ることがない。 

3,手太陽経別の記述が、手少陽経の記述と対になっている。 

この対が何を意味するのかは、現時点では不明。三焦との関わりを考えるべきか?

・薬物中毒者が、肩貞や天宗付近のコリや不快感を訴える例が多い。

・アトピー性皮膚炎の患者に対し、本穴より瀉血をしたところ、著効がみられた。

 ・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「amasaphalaka(肩甲骨/骨のマルマ)」と呼ばれ、上肢の知覚異常、筋力低下に治効があるとされる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中