郄穴「通経活血」, 手少陰心経

陰郄(いんげき)

 

HT6)(yin1xi4)(いんげき)・手少陰郄・石宮

【取穴】

前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方五分。

※HT7)神門の上方五分、尺骨頭下縁と同じ高さ。

※豆状骨の上縁橈側の上方五分にある。

【名の由来】

本穴が少陰経の郄穴である事から。

【要穴】

『手少陰経郄穴』

【作用】

〔補〕養陰安神

〔瀉〕行気活血

【弁証主治】

◆少陰経血証

貧血、血液疾患〔灸50壮〕・出血傾向・急性の心痛・婦人科疾患・更年期障害・脈浮洪・静脈瘤など

【弁証配穴】

『郄会配穴(気):膻中+会宗・孔最・陰郄』…気病

【主症配穴】

+後渓…小児の身体の芯に熱が籠もるような感覚

【症例/個人的見解】

・陰経の郄穴は、手足同名経の血病を主治する。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中