陰維脈, 足太陰脾経

大横(だいおう)

 

SP15)大横(da4heng2)(だいおう9・腎気(shen4qi4)(じんき)・人横

【取穴】

上腹部、臍中央の外方四寸。

※ST25)天枢、KI16)肓兪、CV8)神闕と同じ高さ、それらの外方にある。

※モンロー点(虫垂炎の診断点)に近い。

【名の由来】

臍の真横に在り、内部に大腸がある事から。

【弁証主治】

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・胃腸虚弱・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

◆陰維脈(脾胃/肝)病「心痛に苦しむ」

心窩部痛・動悸、胸苦しさ・脇下のつかえなど

【配穴】

+天衝…身体を反り返らせて嘆き悲しむ。

+日月…鬱病〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・陰維脈は血(営/胃)に係わる心(少陰)・脾(太陰)・肝(厥陰)の機能を包括するように働く。その為その病証も、 血の虚実によって生じる心・脾胃・肝の証を包括した様相を呈す。

・男女とも、更年期症状には適応か?

・足少陰経と交会することはないが、穴名からも腎気(不妊など)に対する効果は高いと思われる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中