陰維脈, 足太陰脾経

府舎(ふしゃ) 

SP13)府舎(fu3she4)(ふしゃ)

【取穴】

下腹部、臍中央の下方四寸三分、前正中線の外四寸。

【名の由来】

「府=集合」「舎=居住する場所」。本穴にて足太陰経・足厥陰経・陰維脈が交会し、腹中に入る事から。

【要穴】

『太陰之郄』

『三陰(脾・肝・陰維)陽明之別』

【交会】

・経絡(4):足太陰経-足厥陰経-陰維脈-(足陽明経)

※奇経八脈考には「陽明之会」とある。

【作用】

〔瀉〕調中益気・温通活血

【弁証主治】

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・胃腸虚弱・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

◆足厥陰経病

性欲の異常・腰痛・更年期障害など

◆陰維脈(脾胃/肝)病「心痛に苦しむ」

心窩部痛・動悸、胸苦しさ・脇下のつかえなど

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・統合失調症など

【主症主治】

鼠径ヘルニア・下肢静脈瘤

【症例/個人的見解】

・陰維脈は血(営/胃)に係わる心(少陰)・脾(太陰)・肝(厥陰)の機能を包括するように働く。その為その病証も、 血の虚実によって生じる心・脾胃・肝の証を包括した様相を呈す。本穴は特に陰維脈的要素が強い様子。

・男女とも、更年期症状には適応か?

・本穴には足陽明経も交会しているが、陰維脈の性質上、寒証(陽虚)に対する主治が多い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中