, 致命三十六穴, 致残十八穴, 足太陰経筋, 足太陰脾経, 足少陰経筋, 回陽九針, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 手厥陰経筋, 更年期障害

三陰交(さんいんこう)

 

SP6)三陰交(san1yin1jiao1)(さんいんこう)・太陰・下三里・承命・手一束

【取穴】

下腿内側(脛側)、脛骨内縁の後側、内果尖の上方三寸。

※KI8)交信の上方一寸にある。

【名の由来】

本穴にて足三陰経が全て交会する事から。

【要穴】

『標本:足太陰之本(中封の前上四寸之中)/足少陰之本?(内踝下の上三寸中)』

【交会】

・経絡(3):足三陰経

※三陰交は元来、足厥陰肝経の穴であったとする説もあり。

【作用】

〔補〕健脾摂血・補血育陰・調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・活血化瘀・疏肝涼血』

【弁証主治】

◆三陰経(筋)病/血病(虚実とも)

貧血、血液疾患(出血傾向、萎縮性舌炎、萎縮性胃炎)・自律神経失調症(下半身の冷え、痛み)・肝機能障害・性欲の異常、泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・老化症状など

心窩部痛・脇腹~臍の引きつれ・背深部の痛み・腰痛・股関節痛・内股のひきつれ・O脚・下腿内側痛・内踝痛・母趾痛・足底痛・歩行困難など

【主症配穴】

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+気門+血海…機能性子宮出血〔三陰交-血海をパルス通電〕

+会陰…昏倒〔瀉法〕

+懸鐘…高血圧〔瀉法〕

+腎兪…腎・尿路結石

+神闕〔灸〕…排尿障害〔三陰交は瀉〕

+商丘…便秘 〔三陰交は灸30壮〕

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処の“太衝”』に数えられる。中でも本穴は「血の要穴(全身)」であることから、その主治もほぼ無限に近い。そのため弁証にて用いることが大切である。

・特に婦人科疾患に対して必須。西洋医学的にも、性ホルモンに対する調整作用が認められたとの報告がある。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam1981/51/1/51_1_44/_pdf

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・武術的な「致残十八穴」「致命三十六穴」の一つ。長期的な血流の阻害を生じる?

・個人的には足三陰経のみならず、足三陰経筋の治療にも使えるのではないかと考える。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中