ストレス/不安障害、パニック障害, 自律神経失調, 手少陰経筋, 手少陰心経, 井(木/金)穴「心下満を治す」

少衝(しょうしょう)

 

HT9)少衝(shao3chong1)(しょうしょう)・経始

【取穴】

小指、末節骨橈側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

【名の由来】

「少=少陰」「衝=急激」。本穴が少陰経の井穴(脈気の出る処)であり、その勢いが急激である事から。

【要穴】

『手少陰経井木穴(火経木穴/木生火/自経母穴)』

【交会】

・経筋:手少陰経筋の起す処(小指の内側)

【作用】

〔補〕補益少陰

〔瀉〕清心安神・清瀉心熱・通調心気・回陽救逆

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱、感染症、髄膜炎・発作性の痙攣、ひきつけ〔瀉血〕・血液疾患〔金針で瀉血〕・出血傾向など

◆心/胆病(気虚気滞証)「心下満を治す/虚すれば其の母を補う」

睡眠障害・不安障害(几帳面な性格、イライラして怒りやすい)〔金鍼で3分ほど刺入〕・動悸(脈浮洪または弦・臍上の強い拍動)・めまい・外眼眦痛・喉の渇き・息切れ・しゃっくり・胃酸や胆汁の逆流・心痛、胸苦しさ・※伏梁・※瘕聚・夜間に症状が悪化など

◆手少陰経(筋)病

上肢前内側の冷え、痛み、静脈瘤・※肘網の痛み(特に左肘)・インポテンツなど

【主症配穴】

+曲池…発熱

+足三里〔補〕…母乳が出にくい〔少衝は瀉〕

【症例/個人的見解】

・古典に『少衝に鍼すれば起死回生の妙あり』とある。

・本穴は木穴であり、自経母穴(木生火)でもある。『複合的臓腑連関』の関係から、心/胆をつながりを主治すると考える。具体的にはストレス由来の自律神経失調的症状には適応かと。

  ・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

 

※瘕聚…お腹の中に不明瞭なしこりがあり、一時的に張りがきて痛みが移動するもの。

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告
手少陰経筋, 手少陰心経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

少府(しょうふ)

 

HT8)少府(shao3fu3)(しょうふ)・兌骨

【取穴】

手掌、第5中手指節関節の近位端と同じ高さ、第4・5中手骨の間。

※第4・5中手骨間、拳を握ったときに小指頭が当たるところにある。PC8)労宮と同じ高さにある。

【名の由来】

「少=少陰」「府=内府(内側)」。本穴が少陰経体内流注上の疾患に著効がある事から。

【要穴】

『手少陰経榮火穴(火経火穴/火気の強い穴)』

【作用】

〔補〕補土・寧心安神

〔瀉〕舒筋活絡・清心除煩

【弁証主治】

◆心熱証「身熱を治す」

※心瘧・発熱、小児のひきつけ・睡眠障害・喉渇・掌の火照り・心痛・動悸、胸苦しさ・臍上の強い拍動・脈浮洪・夜間に症状が悪化など

◆手少陰経(筋)病

しゃっくり・※伏梁・※肘網の痛み・上肢の痛み、冷え、静脈瘤・インポテンツなど


◆脾虚証「火経火穴/火生土/虚すれば其の母を補う」

胃腸虚弱、萎縮性胃炎・貧血、血液疾患・婦人科疾患など

【症例/個人的見解】

・火陰経の火穴は全経穴中、最も火陰性が強い。そういう意味では土性(脾胃・肌肉・口など)に対する補法にも応用できるのではないだろうか?


・少陰経中、最も火気の強い穴であるので、先の神門の手少陰経に関する主治はほぼ当てはまる。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

 

※心瘧…悪寒・胸焼け・清水を見たがる・寒がるが熱は高くない。

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

皮膚疾患, 精神疾患, 自律神経失調, 致残十八穴, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 原穴, 手少陰経筋, 手少陰心経

神門(しんもん)

 

HT7)神門(shen2men2)(しんもん)・兌衝・中都・鋭中・鋭衝鋭骨

【取穴】

手関節前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋上。

※豆状骨の上縁橈側の陥凹部、手関節掌側横紋にある。

【名の由来】

「神=神志」「門=出入口」。心は神を蔵し、本穴が手少陰経の原穴である事から。

【要穴】

『心原穴』

『手少陰経兪土穴(火経土穴/火生土/自経子穴)』

『標本:手少陰之本』

【交会】

・経筋:手少陰経筋の結す処(鋭骨)

【作用】

〔補〕補益原気・心気補益・心神安寧・心血補養

〔瀉〕通調心絡・清心開竅・心火清熱

【弁証主治】

◆心/胆/腎病(実証)「実すれば其の子を瀉す」

精神症状(几帳面な性格、イライラして怒りやすい・躁鬱、統合失調症・被害妄想・高血圧、顔が赤い、脈浮洪・摂食障害など)

自律神経失調(睡眠障害、昼夜の逆転・梅核気・喉の渇き・掌の火照り・臍上の強い拍動、※伏梁・ひどい冷えなど)

皮膚疾患など

◆手少陰経(筋)病「体重節痛を治す」

しゃっくり・腋下痛・上肢前内側の冷え、痛み、静脈瘤・※肘網の痛み・第5指痛・インポテンツなど

 

【弁証配穴】

『兪原配穴(心):心兪+神門』…心虚証〔補法〕

『原絡配穴(心⇒小腸):神門+支正』…心所生病

『原募配穴(手少陰経):巨闕+神門』…手少陰経病

『二原配穴(心/胆):神門+丘墟』…心肝火旺証〔瀉法〕

『二原配穴(心/腎):神門+太渓』…心腎不交証

【主症配穴】

+尺澤…上肢の悪寒

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち心原穴である神門は、足少陽胆経の病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「心/胆/腎」をつなぐ病状として、精神疾患、自律神経失調症、特に心身のバランスが崩れるような病状には、適応と考える。

・神門にて脈が触れる場合、妊娠の可能性あり。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。打突により握力の低下を招く。

 

※心積伏梁…五積之一。慢性の臍~心窩部にしこりがあり、胸苦しさや動悸、イライラを生じさせるもの。加えて脈沈芤・お腹の熱感・顔が赤い・唾に血が混じる・掌のほてり。甚だしきは抽搐を伴う。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

郄穴「通経活血」, 手少陰心経

陰郄(いんげき)

 

HT6)(yin1xi4)(いんげき)・手少陰郄・石宮

【取穴】

前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方五分。

※HT7)神門の上方五分、尺骨頭下縁と同じ高さ。

※豆状骨の上縁橈側の上方五分にある。

【名の由来】

本穴が少陰経の郄穴である事から。

【要穴】

『手少陰経郄穴』

【作用】

〔補〕養陰安神

〔瀉〕行気活血

【弁証主治】

◆少陰経血証

貧血、血液疾患〔灸50壮〕・出血傾向・急性の心痛・婦人科疾患・更年期障害・脈浮洪・静脈瘤など

【弁証配穴】

『郄会配穴(気):膻中+会宗・孔最・陰郄』…気病

【主症配穴】

+後渓…小児の身体の芯に熱が籠もるような感覚

【症例/個人的見解】

・陰経の郄穴は、手足同名経の血病を主治する。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

ストレス/不安障害、パニック障害, 眼疾患, 絡穴「去痰化瘀」, 手少陰心経, 不眠

通里(つうり)

 

HT5)通里(tong1li3)(つうり)・通理

【取穴】

前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方一寸。

※HT7)神門の上方一寸、HT4)霊道は尺骨頭の根部、HT5)通里は体部、HT6)陰郄は底部にある。

※豆状骨の上縁橈側の上方一寸にある。

【名の由来】

「通=通路」「里=裏(心臓=虚里)」。本穴が手少陰経絡穴であり、表裏を成す手太陽経への通路である事から。

【要穴】

『手少陰経絡穴/手首の一寸半から別れて上り、経を巡りて心中に入り、舌本に系し目系に属す。また別れて太陽経にいく』

【作用】

〔補〕舌絡補益・心神安定・心気補益・心血補養

〔瀉〕心竅開竅・舌絡調節・行気和血・心火清熱・寧心醒神

【絡脈主治:『馬丹陽天星十二穴』】表裏(手太陽経)にまたがる症状・手少陰絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕急性の失語症・不安障害・食欲不振など 

〔瀉〕心窩部のつかえ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・暴妄言、見境なく人を罵る・慢性の顔の火照り、化粧したような頬の赤み ・四肢の重だるさ・※疔・睡眠障害など

 

【弁証主治】

◆手少陰経病

上肢前内側の冷え・静脈瘤など

【弁証配穴】

『原絡配穴(小腸⇒心):腕骨+通里』…小腸所生病/液病

【主症配穴】

+解渓…頭痛・眼の充血

+中極…排尿障害

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・本穴は『馬丹陽天星十二穴』の一つに数えられる。しかし絡穴の性質(瀉法向き)から考えて、本穴において補法(虚証)で記載される主治に関しては、本穴よりも先の霊道の方がふさわしいように思う。 また霊道において瀉法とされる主治については、霊道よりも本穴がふさわしいと考える。

・手少陰絡脈は「舌本につながり、目系に属す」。ストレスに由来する眼裏痛や失語のほか、睡眠障害や心療内科的疾患も本穴の適応かと考える。

・本穴の主治まとめていて、個人的には※SLE(全身性エリテマトーデス)を連想した。応用の価値はあるかと。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

 

※疔…初期は粟粒様で上に白膿頭があり、堅・根深・釘様。激痛があり、急激に拡がり黄色くなる。

※SLE(全身性エリテマトーデス)…全身各種臓器の結合組織の慢性炎症性疾患。自己免疫疾患と考えられる。 男女比1:7で10~20代が過半数。 発熱・胃腸症状・体重減少・顔面の蝶形紅斑・指先、上半身の色素沈着・脱毛・鼻血・口内炎などを生じる。ほか運動器症状(関節痛など)・腎症状(浮腫・吐き気など)・神経症状(失語症・幻視・妄想など)・呼吸器症状(呼吸困難など)・心血管症状(動悸・レイノー症など)・消化器症状(食欲不振・黄疸など)も。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

経(金/火)穴「喘咳寒熱を治す」, 手少陰心経

霊道(れいどう)

 

HT4)霊道(ling2dao4)(れいどう)

【取穴】

前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方一寸五分。

※HT7)神門の上方上方一寸五分、尺骨頭上縁と同じ高さにある。

※豆状骨の上縁橈側の上方一寸五分にある。

【名の由来】

「霊=神志」「道=通路」。本穴が心の病態をよく現す事から。

【要穴】

『手少陰経経金穴(火経金穴/火克金)』

【作用】

〔補〕寧心醒神・和気行血

【弁証主治】

◆傷寒少陰病(陽虚証)「喘咳寒熱を治す/火克金」

喉痛・過呼吸・梅核気・貧血、血液疾患・不安障害・むくみなど〔金鍼で補〕

◆手少陰経病

上肢前内側の冷え・静脈瘤など

【主症配穴】

+大鐘…躁鬱、不安障害

+内庭…いつも眠い、あくびが多い

【症例/個人的見解】

・次の通里は『馬丹陽天星十二穴』の一つに数えられる。しかし絡穴の性質(瀉法向き)から考えて、通里において補法(虚証)で記載される主治に関しては、通里よりも本穴の方がふさわしいように思う。また霊道において瀉法とされる主治については、本穴よりも通里がふさわしいと考える。

・霊道、通里、陰郄、神門は一寸五分の中に密集する経穴なので、実際の臨床では効能を分けて論じるべきかは悩ましい。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 手少陰経筋, 手少陰心経

少海(しょうかい)

 

HT3)少海(shao3hai3)(しょうかい)・曲節

【取穴】

肘前内側、上腕骨内側上顆の前縁、肘窩横紋と同じ高さ。

※肘を曲げ、上腕骨内側上顆と肘窩横紋の内側端を結ぶ線上の中点にある。

【名の由来】

「少=少陰」「海=集まり帰する所」。本穴の効能が、少陰経にありながら他経にまで渡る広範囲なものである事から。

【要穴】

『手少陰経合水穴(火経水穴/水克火)』

【交会】

・経筋:手少陰経筋の結す処(肘内側)

【作用】

〔瀉〕行気和血

【弁証主治】

◆気逆証「逆気而泄を治す/水克火」

※脳風・しゃっくり・※伏梁・インポテンツ、遺精など

◆手少陰経(筋)病

上肢前内側の冷え、痛み、静脈瘤・※肘網の痛みなど

【主症主治】

虫歯

【配穴】

+天井…頚部リンパ節結核

+陰市…狭心症

【症例/個人的見解】

・心(火)経の水穴であることから、精神面での熱逆にはよく用いられる。ストレスから生じるEDなどにも有効か?

・虫歯、歯痛に効くとあるが、試したことはない。経穴理論からもよく分からないが・・・

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675