手陽明大腸経, 抜け毛、円形脱毛症

下廉(げれん)

 

LI8)下廉(xia4lian2)(げれん)

【取穴】

前腕後外側、LI5)陽渓とLI11)曲池を結ぶ線上、肘窩横紋の下方四寸。

※LI5)陽渓とLI11)曲池を結ぶ線上で、LI11)曲池から1/3、LI9)上廉の下方一寸にある。

【名の由来】

「廉=辺縁」。本穴が腕橈骨筋筋腹の下に位置する事から。

【作用】

〔補〕温中伝導・滋陰 ※子午の表裏から 

〔瀉〕通経活絡・理気通腑・清宣陽明

【弁証主治】

◆手陽明経病

歯痛・頚部の腫脹・上肢のマヒ、悪寒、炎症など

◆腎陰虚証

脱毛・顔色に艶がない・唇が渇く・息切れ・喘息・背骨の際の痛み・血便・下肢のムクミなど

【配穴】

+上廉…下痢

【症例/個人的見解】

・下廉、上廉は腎への効能を記すものが多い。大腸と腎は子午の表裏関係にあるので理解できるが、何故下廉、上廉なのか?

・検証:得気は母指と示指の尖端へ向かう感じ。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中